« 春休みは | トップページ | 旅客機でアクロバット »

宇宙からの帰還を読んで

 立花隆著の「宇宙からの帰還」を読みました。

 この本は宇宙体験の精神的側面について、宇宙に行った宇宙飛行士のインタビュー集です。

 読んだ感じでは大半の宇宙飛行士は宇宙体験を通じて何らかの精神的変化があったようです。一方で何も変化はないと言う人もいます。

 その変化は宇宙の中の地球がいかに小さな存在であるかを体験として認識することによるようです。

 民族や宗教の違いなどで争っていることが心底バカらしく思うそうです。

 また、月に行った宇宙飛行士は仲間の宇宙飛行士の考えが分かったとか、貴重な資料となる岩石がどこにあるか分かったなど、不思議なひらめきを体験しているようです。

 この本を読んで宇宙飛行士を目指した人がいて、実際に宇宙飛行士になったというのもうなずけます。


 忘れていた宇宙への憧れが蘇ってきます。是非手元に置いておきたい1冊です。

|

« 春休みは | トップページ | 旅客機でアクロバット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/10817176

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙からの帰還を読んで:

« 春休みは | トップページ | 旅客機でアクロバット »