« 15年後の交通システムを読む | トップページ | 頭が真っ白 »

やっぱり修論が進まない

今日は授業を受けて、学会の準備やら、ハワイに行く準備を始めたりしていた。


火曜日と言ったらJAXAの熱いおじさんの授業です。

15年後の交通システムは小型の飛行機の利用が活発になっているだろうと予想していた。

それが必要になる理由は新幹線や高速道路、航空路線のほとんどが東京から放射状に延びていて、太平洋側から日本海側という移動に不便さが残っている。

また、鉄道、道路など地上交通は飽和しているが、航空、地下鉄は伸びている。これからは3次元交通システムの時代になる予想していた。

なるほどね。

その為には2025年には約3万のジェネアビ機が飛んでいていいはずだという。そうなるには法整備、空港整備、パイロットの訓練制度など課題がある。


将来を予想するっていうのがどういうことか分かった。

出来る出来ないじゃなくて、どうあるべきか、どうなったらいいかが問題なんだよね。そうやって目標を作って、具体的な課題に落とし込んでいくんだな。

話は変わって授業の合間は木曜日にある学会発表の準備をしたり、ハワイにいるグライダーの教官にメールを送ったりしていました。


これから毎日寝る前に30分だけど、アメリカの学科試験の勉強をすることにしました。

|

« 15年後の交通システムを読む | トップページ | 頭が真っ白 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/21390213

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり修論が進まない:

« 15年後の交通システムを読む | トップページ | 頭が真っ白 »