« やっと動いた | トップページ | 授業がなくて良かった »

プログラミング観

今日、TAをやっている授業の間の休み時間に担当の先生と授業の存在意義などの話をした。


学生の意欲が足りないとかカリキュラムが詰め込み過ぎという点では意見が一致した。


しかし、一致しない点もあった。

先生にとってプログラミングはあくまで道具であって、それ自体が楽しみにはならないらしいことが分かった。


しかし、私にとってはコードを書いている時、どういうコードを書こうか考えてる時、完成したプログラムが動作する時、そのすべての時が楽しい。


人によってプログラミングに対する思いは違って結構だが、それを目の当たりにすると自分の世界の狭さにショックだね。

|

« やっと動いた | トップページ | 授業がなくて良かった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/22033802

この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング観:

« やっと動いた | トップページ | 授業がなくて良かった »