« ブルースクリーン解消か? | トップページ | 学生実験 »

事故本

「最悪の事故が起きるまで人は何をしていたか」と「事故のモンタージュ1巻」を読んだ。

「最悪の〜」は航空機事故に限らず、船、建物、原発、工場など巨大なシステムに関する事故の分析や事故を未然に防いだ例が紹介されている。

「事故のモンタージュ」は少し古い本だが、教訓に富んだ内容だった。1巻では地上衝突、コールドウェザー、フラップ類に関する事故が紹介されている。主原因毎にまとめられているので理解しやすい。

重大な結果をもたらす事故は些細なミスや不適切な対処などが連なることで重大な結果になっている。

そのつながりを切るチャンスは無いことはないのだが、そのチャンスをなぜ活かせないのかといった分析がなされている。

こういった本を読んだからといって事故を必ず回避できるわけではない。しかし、自分が危険な領域に近づいているのかとかどうやったら回復できるかのヒントにはなるだろう。

|

« ブルースクリーン解消か? | トップページ | 学生実験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/24499860

この記事へのトラックバック一覧です: 事故本:

« ブルースクリーン解消か? | トップページ | 学生実験 »