« アルゴリズム論及び演習 | トップページ | ThinkPad 240 »

ヴァル研究所の会社説明

今日は駅すぱあとで有名なヴァル研究所の会社説明会に行きました。

かつて小学生の頃、駅すぱあとを使っていましたが、運賃や時刻表データの更新で定期的にお金がかかるので、使わなくなりました。兄が鉄分の高い人なのでパソコンで調べなくてもよかったという理由もあります。

それに、電車の乗り換えは今や無料で調べられるものと思えるので、お金を払う気になりません。

さて、会社説明では会社の歴史に長い時間がさかれていましたが、それを通じて何を訴えたかったのか分かりませんでした。

総合職採用ということで、何が自分の仕事になるかわからない状態で選考を受けなければならないのが不安です。

会社としては駅すぱあとという知名度のある商品を持っているのが魅力です。さらに駅すぱあとだけに依存しない会社にしようとしている点もいいです。

既存の電車経路検索サービスは定期の清算というのを考慮していないので、そういった機能を付けたらどうかと提案したいです。

しかし、会社説明の場で他業種や他社の製品を批判するのはどうかなと思いました。この会社の空気にはなじめない可能性もあるかなと思いました。

今、私は25才なので、今後35年ほど働く場としてそこにいる人となじめるかどうかを不安に思うのは大きなネガティブ要素だと思います。

|

« アルゴリズム論及び演習 | トップページ | ThinkPad 240 »

就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/29158492

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァル研究所の会社説明:

« アルゴリズム論及び演習 | トップページ | ThinkPad 240 »