« 気になったときは行動すべきか | トップページ | 想像以上に動けた »

「国産ロケットはなぜ墜ちるのか」を読んで

国産ロケットはなぜ墜ちるのか

      

買ったきっかけ:
同じ筆者の「スペースシャトルの落日」や筆者がWeb上にもつ連載(モビリティ・ビジョン宇宙開発を読む)、ブログ(松浦晋也のL/D)などを読んで、この筆者の意見に興味を持ったから。さらに言えば、家の本棚に入っていたから。なので自分で買った本ではありません。

感想:
スペースシャトルの落日にも登場した「自分の頭で考える」と、文系、理工系の幅広い教養を持ったマネジメントが日本の宇宙開発には必要だという点は納得です。

宇宙開発に限らずさまざまな開発プロジェクトで必要だと思います。

Joel on Softwareでも、いいプログラマがいいプロジェクトマネージャになるとは限らないが、プロジェクトマネージャは技術を理解している必要があるということでした。みんな行き着くところは同じなのかなと思いました。

おすすめポイント:
やや古い本ですので、最新の組織状況などはこの本では分かりませんが、日本の宇宙開発の仕組みやロケットが落ちたとしても全くの無駄ではないと言うことが分かると思います。

国産ロケットはなぜ墜ちるのか

著者:松浦 晋也

国産ロケットはなぜ墜ちるのか

|

« 気になったときは行動すべきか | トップページ | 想像以上に動けた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/28901935

この記事へのトラックバック一覧です: 「国産ロケットはなぜ墜ちるのか」を読んで:

« 気になったときは行動すべきか | トップページ | 想像以上に動けた »