« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

淵野辺2

今日も淵野辺のJAXAに行っていました。

自分が作ったソフトウェアについてはだいたいOKな
ようなので、気楽でした。

他の大学の人が私のソフトウェアをベースにカスタマイズしているので、その変更のアドバイスのようなことをしていました。

関わったからには成功して終わって欲しいのでこれからも手伝っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淵野辺

淵野辺
今日は淵野辺にあるJAXA相模原キャンパスに行っていました。

動くものを作るのがいかに難しいかをひしひしと感じました。

就職して働くときもこんなことがあるのかなと思うと、ため息しかでません。

あー、早く終われー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空部を憂う

それぞれの大学の航空部ががんばって活動している中、うちの大学の航空部を情けなく思う。

決定的だったのは、ウインチマンになるべき人間がなかなか試験を受けない事、うちのウインチの6点について上級生へ作業内容を確認すると言ってしなかった事。

今まで航空部に関わってきた事を全否定された気分になった。

自分が投じた力がうざがられているんじゃないかと思った。

だから、もう関わらない事にしたんだ。

某大学のテコンドー部みたいに、現役ががんばりOBがそれを支えて、その部活を通したコミュニティができている事を見て、あんな感じになったら楽しいだろうなと思っていた。

まともに部活動をしたのは航空部が初めてだったから、そういう思いは強かったと思う。

残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

区切り

昨日の中間発表で研究に時期的な意味での区切りがつき、心新たに研究に関わろうと思うようになりました。

今日で前期のTAが終わったので、こちらも区切りがつきました。

TAではお疲れ様ということで、授業後に先生と昼食を食べました。

最初の店ではその先生のゼミの学生が前期お疲れ様会のような食事会をしていました。学生さんは就活について不安というか思うところがあるようで、就活の話をしていました。

就活を過ごした人間として、面接でこんなことが聞かれたよというようなことを話しました。役に立つ話が聞けたとか喜んでもらえました。でも、人の話を安易に受け入れてはいけないよと思いました。

今まで、授業のこと、つまりプログラミングの話しでしか、学生さんとは会話してこなかったので、それ以外の話題で話ができて新鮮でした。


そして、夏休みと言われる期間に入るわけですが、いきなり例のプロジェクトに2日間消費し、8月は3日間消費せざるをえないことになりました。

そして、ゼミでの進捗報告が8月26日に決まりました。それまでにはいい加減シミュレーションしたいです。目標と締め切りが決まったので、きっと頑張れるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究とそれ以外

うちの研究室の先生もご覧になっているらしいです。

私の研究室の同期から聞いたのですが、私の研究が進んで制御則がまとまって、ロボットアームが動くようになれば楽しいと思うのにとおっしゃっていたそうです。

自分の研究よりも自分の研究と全く関わりのないプロジェクトへさく時間が大きいのは事実です。

研究で頭をひねっている時より、そのプロジェクトから依頼されているプログラムをどう書こうか考えている時の方が楽しいのも事実です。

今日の中間発表をやっていても感じたのは自分の研究テーマに対する愛着というか興味が強くないんだなと思っています。

研究もそうでない方も必要だからやっているのは同じです。しかし、誰が必要としているのかが違います。

研究は、誰だろう?誰が必要としているのだろう?自分?

研究でない方はそのプロジェクトの人達が必要としていて、自分はそのプログラムを全く必要としていない。

自分が関わっているものを誰が必要としているかでやる気に大きな違いが出ている。それが研究にさく時間が増えない原因だろうと思う。

しかし、研究の方では今までシミュレーションと実際のロボットアーム向けのプログラムを共通としていたけれども、C/C++ではプロトタイピングにむいていないと思って、scilabでシミュレーションを書いてみようと図書館で参考署も借りたので、研究にさく時間は少しは増えるんじゃないかと思う。

でも、それもしょせん実装に近い部分であって、制御理論を避けたがっている気持ちがあるんじゃないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真実はひとつ?

複数人で協力してものを作る時は何を作るのか正確に同じものを共有できていないといらない苦労をするはめになるという教訓を得た一日でした。

ひとつであるべき真実は複数あったのです。

これも学生時代には知らなくていい苦労のひとつなのかもしれません。


さて、明日は中間発表です。

これが済んだからって気が休まるわけでもないのが苦しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度目の宇宙研

宇宙研こと、JAXAの相模原キャンパスに行ってきました。

たまたま一般公開の日でしたが、それとは全く関係なく、いや、入り口で記念品のカバンはもらいましたが、観測ロケットの仕事のために行きました。

現場デバッグで問題を直したりしていました。

なんかなー。

全く研究と関係ない観測ロケットだけれどもものを作っている感じがあるからか研究より没頭できる。

今日は無事に済んだので、後は火曜日の中間発表をこなせば、今気がかりなことはとりあえずなくなる。

早く楽になりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

type Pが欲しい

好きだからと我慢してこれたThinkPad X60の熱いパームレストやVistaのもっさりさにいい加減いやけがさしてきた。

観測ロケットの都合で出先でも開発環境が欲しくなる時がある。

ThinkPadの中ではモバイルモデルであるX60は1.7kgくらいあるし、バッテリががんばって2時間しかもたない。

もっと小さくてさくさく動くパソコンが欲しい。

しかし、画面の解像度も欲しい。

となると、もうVAIOのtype Pしかない。

6万くらいで買える。買えてしまう。悩む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月合宿は?

先日、後輩から8月合宿の参加日程を教えてくださいと連絡が来た。

かつてなら、当然のように「全参です。」と返事をしたと思う。

しかし、もう航空部に関わる気が失せた今となっては「全不参」と返事をすることに遠慮はなかった。

なぜ、急に航空部への参加意欲がなくなったのかと気にしている人がいるかもしれません。

単純な話で、航空部へ自分の時間や労力を割くことが割に合わないと思ったからです。

ただそれだけです。細かい話はここには書きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空部との関わりを

3月には航空部との関わりについて前向きにOBとして関わっていきたいと考えていた。(当時:航空部との関わりは)

5月合宿では教官になってもいいとすら思っていた。(当時:教官)

今はOB搭乗会にやっと行くかどうかで、毎合宿のように差し入れを持って行ったり、まして教官になったりなんて、もうない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お台場ガンダムの写真

この間行ってきたお台場ガンダムの写真を少々アップします。

007
もう少しで到着。

014
写真撮っている人やタッチアンドウォーク(ガンダムの下をくぐって足に触れる)の列の人がたくさんいます。まだ10時くらいなのに。

027
近くにあった自由の女神も撮ってみました。

029
この日は雲がいいですね。条件が良さそうに見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトウェアの価値

今日、タイトルが「ドラゴンクエスト9(\x{2168})ドラクエ9(\x{2168})マジコン対策パッチ回避コード」というスパムトラックバックを受信しました。

なんというか、なぜ自分はドラクエで遊んで楽しんでいるのに、その対価を払わないで済ませようと思うのだろうか?

ドラクエはゲームソフトの話だけれども、パソコンのソフトウェアについても同じように海賊版を使う人がいる。

インターネットの普及や高速化がそうした行為にかかるコストを下げて、促している可能性もあるし、WindowsやOfficeがパソコンに当たり前に付属するためにソフトウェアの価格が多くの消費者に伝わりにくい状況になっていることがあるんじゃないかと思う。

ソフトウェアはその構造が見えないからどのくらいの苦労があってそれが実現されているのかが分かりづらい。もちろん、映画ばりのムービーなどを使っていれば、多くの人が制作に関わっていることは想像に難しくない。しかし、そうではない地味な画面のソフトウェアがいったいどれくらいの人の作業によって作られているのかは想像しづらい。

実際、中古パソコンを販売しているときなどはパソコンという「機械」と「ソフトウェア」は別のものであるという事実がいかに浸透していないかが分かる。それは中古パソコンを買おうとしている人、自分のパソコンを売ろうとしている人どちらにも言える。

なんてことを思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎のイベント

謎のイベント
昨日、学校から帰る直前に見つけました。

30日になにやらイベントが行われるらしいのです。

ポスターによれば、白いシャツを着た人たちがお互いに色を塗り合うというものです。

こんな大学だったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒッコリーファームのグラタン

この暑い中、昼はグラタンを食べました。

某巨大掲示板のグラタンスレッドで紹介されていた登戸にあるヒッコリーファームというところに行きました。

美味しいんですけど、いまひとつかなと思いました。

それはたぶんにホワイトソースが若干さらさらだったからです。私は濃い感じのホワイトソースが好きなので趣味の問題だと思います。


今のところ、グラタンが一番美味しいのは豊田のグラタン屋です。安いし、美味しいしで一番気にいっています。しかし、後を継ぐ人がいないんじゃないかと最近思っていてどうにかならないのかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本に生まれてよかった

ゼミ発表のストレスから解放されたので、お台場のガンダムを見に行きました。

平日の午前中にもかかわらず賑わってました。これが夏休みシーズンに入った後だったらと思うとぞっとします。当初は月末に行くつもりだったので、今日行っておいてよかったと思います。

さて、ガンダム。

細かいディテールにこだわっているのは伝わってきますが、バックパックの左下から反対側の景色が見える隙間があるのは興ざめでした。もっとこう、中身が入っている感じに注意をはらってほしかったです。

そして、左手の中途半端な拳が気になりました。もうちょい、力強く握っている風には作れなかったのかなと思います。

なんか批判的になってしまいましたが、こういったイベントをやってしまう、できてしまうのは素晴らしいと思います。

たぶん後で写真を追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中間発表が近い

今日は、28日にある研究成果の中間発表に向けた発表練習でした。

なんとかこなしはしましたが、とても満足できない進捗状況です。

あと2週間でシミュレーションがうまく回る事強く望みます。

発表した時に、えっ?1年以上やってそれなの?という空気になりやしないかと恐れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連絡先はQRコードで

[ アドレス交換用QRコード作成ツール for iPhone ]
http://iphone.alice.gs/QR/

このブログの読者の方から研究室の同期経由で教えていただきました。

名前やメールアドレス、電話番号をQRコード化するサイトです。

先日の内定者懇親会での連絡先交換が面倒だったと嘆いたからだと思います。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内定者会社説明会と内定者懇親会に行ってきた

午前中はTAをして、急いで泉岳寺に向かいました。だって、乗り遅れたら間に合わないんだもの。遠い-。

会社説明会

会社説明会は事業部の紹介でした。宇宙事業部へのやる気がますますです。他にもおもしろげなところもあったので話を聞けて良かったです。

それにしても、学生時代は学生の時にしかできないことをしてくださいと言うけども、観測ロケットで苦労している学生の苦労は学生時代にしかできない玄人思ってもらえるのだろうか?

研究室の同期はある会社で観測ロケットでがんばってます話をしたら、その苦労は学生時代はしなくていいことだと言われて絶句したといっていました。経験しちゃったもんはしょうがないじゃん。それは認めようよ。仕事に近い苦労をしている方が実務でもがんばれるんじゃない?

懇親会

さて、会社説明会の後は内定者懇親会だったわけですが、絡みづらいだの、A型に決まってるだの(本当にB型です)、引き出しが多い(by人事の人)だの言われたい放題でした。

実際まだ、テコンドーをやってるくらいしかしゃべってない気がするので、グライダー話のネタはあるのです。楽しい話からシリアスな話までね。それはおいおい。

そして、懇親会は立食形式でwithアルコールでした。ビールをグラス1.5杯くらい飲みましたが、う~ん、やっぱお酒は苦手な様子。今回も気持ち悪くなる一方でした。

iPhoneの弱点再び

こういった懇親会など初対面の人と会う時には連絡先の交換が当然発生するわけです。さて困った。iPhoneには赤外線がない。研究室のB4歓迎会でも同じ事態が起きていたのに対策を打ってこなかった。

だから、すべて手打ち。

相手の人にアドレスや番号を見せてもらってそれをぽちぽちとこちらの連絡先に入力し、確認もかねて自分のアドレスやら番号をメールで送るという手間な作業になります。

全員iPhoneならBumpですむのに。。。

名刺を携帯すべきと心得ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校近くのスパゲッティ屋

学校近くのかつてファミレスがあった場所に非イタリアンなスパゲッティ屋ができたので行ってみた。

塩味の強い味つけと、どれも1,000円以上するのは高いのできっともう行かないと思う。

となりのラーメン屋の方が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少人数教育

今日のTAは学生5人に対して、教える人2人という少人数教育になりました。

それはそれでいいのだけど、毎週人が減っていく気がするのは気のせいじゃない。

分かるように伝える。ただそれが難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エヴァの映画を見てきた

学校に行く途中でエヴァの新しい映画を見てきました。

聞き覚えのあるセリフとかが懐かしかったです。予習した訳でもないのに、セリフや次こんなことがあったはずと思い出せてしまうことに当時に受けた影響の大きさを思います。

劇場版なだけあって、絵はよく動くし、演出も豪華で楽しめました。

それにしても、グロさはあいかわらずでした。

次回作も見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初めての宇宙研

今日は客先での試験のため宇宙研に行きました。

やけに緑が豊富な所でした。

準備ミスやら、実装の不備でテストの開始が遅れ、迷惑をかけてしまいました。大学からソースを送ってもらい、その場で開発環境を構築してなんとかテストが始められました。

QuickLookのサーバは確実に動いているようですが、表示側のクライアントソフトがいまいち正しいのか疑問が残りました。明日検証します。

QuickLookで表示するデータを生成する電子機器にもトラブルが発生していたので、今見つけてよかったねというような感じになりました。


来年の春からはこんな感じに納品や客先テストをするんだろうなと思った。今は学生だから周りも優しく見てくれるけど、プロとして納品する時にこんな体たらくでは首が飛ぶかもね。


昼ご飯を食べそこねたので、腹減ったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの活躍@ゼミ

今日のゼミは時間を拡大してISTS発表者の練習会だった。

タイムキーパー誰やんの?となったとき、iPhoneでこんな時にちょうどいいアプリがあることを思い出した。

その名もタイムキーパーというアプリで、とりあえず無料版をダウンロードして使ってみた。

決めた時間毎に音がなるというなんとも単純なことですが、自動になっていると楽です。

しかし、時間経過を知らせる音が本物っぽくないことと、二鈴なるときの音の間隔ももっと短かい方がリアルだと思います。

もしかしたら、学会毎に使う鈴や二鈴の間隔が違うのかもしれません。

持っててよかった、iPhone。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルボナーラを作ってみた

研究室で息抜きしているときに、「カルボナーラを美味しく作るための3つのコツ」がはてなのほってんとりにはいっていたので、カルボナーラが気になっていました。

たまたま、夕飯を自炊しなくてはいけない状況になったのでカルボナーラを作ってみました。

タマゴと粉チーズとベーコン的なものだけでできると知って、なるほどーと思っていたので、作る前にレシピやこつを確認しないで作り始めてしまいました。それでも、弱火でやるとかタマゴ投入前に水を入れるとかしていたので、なんとなくこつは守っていたはずです。

090630

材料はタマゴ2個、粉チーズ、カルパス(ベーコン的なものとして)、スパゲッティです。

090630_2

タマゴと粉チーズを混ぜたところです。この段階で粉チーズが若干だまっぽくなっていたのが良くなかったのかも知れません。

090630_3

カルパスを炒めています。この後、スパゲッティをゆでているお湯を加えて、ちょっと固めにゆでたスパゲッティを入れて少しなじませます。先ほどのタマゴと粉チーズを混ぜたものを入れる前に水を少量入れ、火から下ろしました。

090630_4

その後、弱火で全体をフライパンの底からごそっと返す感じで大きく混ぜて、塩胡椒で味を調え、全体にとろみが出てきたので完成としました。カルボナーラっぽくなっています。

味はカルボナーラっぽくて良かったのですが、タマゴと粉チーズがいまいち一体化していなかったのが残念でした。それと、スパゲッティをゆで終わるときの決断が早くてスパゲッティが固めになってしまいました。

次回はもっと一体感のあるソースにすることと、スパゲッティのゆで加減をうまい感じにしたいと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »