« 雨は登場人物の憂鬱さを表すと国語で習った | トップページ | iPhoneの活躍@ゼミ »

カルボナーラを作ってみた

研究室で息抜きしているときに、「カルボナーラを美味しく作るための3つのコツ」がはてなのほってんとりにはいっていたので、カルボナーラが気になっていました。

たまたま、夕飯を自炊しなくてはいけない状況になったのでカルボナーラを作ってみました。

タマゴと粉チーズとベーコン的なものだけでできると知って、なるほどーと思っていたので、作る前にレシピやこつを確認しないで作り始めてしまいました。それでも、弱火でやるとかタマゴ投入前に水を入れるとかしていたので、なんとなくこつは守っていたはずです。

090630

材料はタマゴ2個、粉チーズ、カルパス(ベーコン的なものとして)、スパゲッティです。

090630_2

タマゴと粉チーズを混ぜたところです。この段階で粉チーズが若干だまっぽくなっていたのが良くなかったのかも知れません。

090630_3

カルパスを炒めています。この後、スパゲッティをゆでているお湯を加えて、ちょっと固めにゆでたスパゲッティを入れて少しなじませます。先ほどのタマゴと粉チーズを混ぜたものを入れる前に水を少量入れ、火から下ろしました。

090630_4

その後、弱火で全体をフライパンの底からごそっと返す感じで大きく混ぜて、塩胡椒で味を調え、全体にとろみが出てきたので完成としました。カルボナーラっぽくなっています。

味はカルボナーラっぽくて良かったのですが、タマゴと粉チーズがいまいち一体化していなかったのが残念でした。それと、スパゲッティをゆで終わるときの決断が早くてスパゲッティが固めになってしまいました。

次回はもっと一体感のあるソースにすることと、スパゲッティのゆで加減をうまい感じにしたいと思います。

 

|

« 雨は登場人物の憂鬱さを表すと国語で習った | トップページ | iPhoneの活躍@ゼミ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

写真なので何とも言えないですが、卵と粉チーズを混ぜたところはそんなに悪くないような気がします。

もしかしてソースをフライパンで加熱するときに、もう少し余分に火を通してもいいかも知れません。火加減とか元の温度とかによるけど、本当に弱火なら2分近く加熱しても大丈夫なはずです。

もしくは、実はクラフトの粉チーズは向いていない…んですかねぇ。どうなんだろ(無責任)

投稿: katzchang | 2009年7月 1日 (水) 01時05分

katzchang様、直々にコメントありがとうございます。m(_ _)m

ソースをあえる時に、焦げたりだまになったりするのを恐れて、火から下ろしたり、水を入れたりでさめてしまったのかもしれません。

次回は粉チーズがいい感じに溶けるようにもう少し火にかけてみたいと思います。

投稿: ゆうじ | 2009年7月 1日 (水) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/30349483

この記事へのトラックバック一覧です: カルボナーラを作ってみた:

« 雨は登場人物の憂鬱さを表すと国語で習った | トップページ | iPhoneの活躍@ゼミ »