« テコンドーの全日本大会 | トップページ | 内定者研修2回目 »

まきびしかっ

テコンドーから帰ってくる途中、家まで後2分くらいのところで、ゴミ捨て場の前を通った。

何か踏んだなぁと思った。でも、気にせず、そのまま歩いた。

しかし、次の一歩で、足の裏に何かがある感触があるし、足が地面に着いたときに「カッカッ」と音が鳴った。

何事かと靴底を探ると金属片が靴底に刺さっていた。家に帰ってから抜けばいいと思った。

家に帰って、明るいところで靴底を見るとネジが刺さっていた。

抜いてみたら長さが5mmくらいあった。

靴底に刺さる向きにネジを踏むだなんて、珍しいことが起きるもんだ。そして、もう少し長さがあって、釘だったら一撃で足の裏に刺さっていたことだろう。

しかし、釘やネジを気づけただろうかと思うと無理だなぁと思う。こうしたアクシデントに対する予防は底の厚い靴を履くくらいだろうか。

|

« テコンドーの全日本大会 | トップページ | 内定者研修2回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/32179734

この記事へのトラックバック一覧です: まきびしかっ:

« テコンドーの全日本大会 | トップページ | 内定者研修2回目 »