« 文字化け回避 | トップページ | fig形式で保存してよかった »

言語力

NHKの追跡AtoZで、日本人の言語力問題が紹介されていた。

今、自分が書いている修論や、その発表の分かりやすさはどうなのだろう?

自分で思いついた手法で、実装もしているにもかかわらず、日本語で説明するのが難しい。特に発表はパワポの使いこなしもかかってくるから難しい。

4月からは働くのだけど、自分の文章がどう思われるのか気になる。

番組では、サッカー日本代表の監督だったイビチャオ・シムが、日本人は対話が足りないと言っていた。その通りだよなーと思った。

対話ねぇ、自分は人に何かを教える時は割りとしゃべっていて、自分が何を思っているのかをよく言っていると思う。でも、教わる時は積極的に質問したりしない。それ間違ってるんじゃないと思っても言いづらい。

そこは昔っから変わってない。

|

« 文字化け回避 | トップページ | fig形式で保存してよかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「日本人は対話が足りない」というのは、
確かにと思います。

おそらく、鎖国あたりの時代が背景にあるのかな感じます。

初対面の人と話をするとき、どういう人だとわかってからでないと会話ができないという人が多いし、
会話を積み重ねが得られた情報から会話を発展させて議論にもっていくようなことがあまりみられないかも。。


投稿: みっく | 2010年1月31日 (日) 01時09分

みっくさん、毎度コメント頂きありがとうございます。

相手がどんな人なのかを知るためにも対話は必要なんですよね。

対話もそうですが、議論も日本人しかいない生活ではあまり使われない能力かもしれませんね。

投稿: ゆうじ | 2010年1月31日 (日) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/33186357

この記事へのトラックバック一覧です: 言語力:

« 文字化け回避 | トップページ | fig形式で保存してよかった »