« 今年最初のグラタン屋 | トップページ | 「男の一日一作法」を読んで »

慣熟運転の計画

まだ納車まで1月以上あるが、納車後の慣熟運転でどこに行こうか考えている。

まずは一人で慣熟運転をして、車に慣れたい。車幅とか車庫入れの感覚と言った運転そのものに慣れるのは当然として、エアコンやナビの操作、車内の収納の使い方なども身につけたい。

ゲストを乗せるのは、その後にする。

なぜか。

ゲストの前で運転に慣れていない無様なところを見せたくないから。

それに、ゲストの視点から見てもドライバーがあからさまにその車に慣れていなかったら、安心して乗っていられないからだ。

運転のプロでもなんでもない、ただのサンデードライバーだが、それくらいの心意気でゲストを迎えたい。


さて、どこに行くのがよさそうか。


初めての車で長距離を走るのは落ち着かないが、ある程度の距離を走らないと慣熟にならない。

以下の条件を立ててみた。


片道2,3時間で行ける。行った先で温泉でも入って休憩できる。


その条件から箱根と妻沼しか思いつかなかった自分はどうかしてるんじゃないかと思う。

箱根は分かるけど、妻沼ってどうなの?

箱根はほとんど高速道路を走ることになると思われるが、箱根付近では一般道の山道を走る。1.6Lで走る上り坂はどんなものかが分かるし、下り坂はエンジンブレーキの効き具合を確かめたい。

走行距離は往復で160kmくらい。

箱根なのでもちろん、温泉がある。


妻沼は、首都高を走る練習になるし、一般道もそれなりに走る。そして、妻沼の近くに、航空部ではおなじみの温泉もある。

単純にグライダーが飛んでるところを見に行きたいだけかもしれない。

走行距離としては往復240kmくらい。

どっちにしようか。

面倒だから、両方行けばいいか。

そうすれば、400kmくらいは走るから、慣熟としては十分な距離かな。

|

« 今年最初のグラタン屋 | トップページ | 「男の一日一作法」を読んで »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/43666773

この記事へのトラックバック一覧です: 慣熟運転の計画:

« 今年最初のグラタン屋 | トップページ | 「男の一日一作法」を読んで »