« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

衝撃の事実

昨夜軽くインプレッサを運転した。

何事も無事に終わったかと思っていた。

ところが。

運転席の窓が全開でした。orz

雪が車内に入ってる~

座席濡れてる~

窓の開閉スイッチとかのくぼみに雪がたまってる~


まだ雪だったからよかったのかもしれない。

これが雨だったとしたら、怖くて眠れない。


納車から2週間たたずして、やらかしですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル インプレッサ 1.6i-L AWD 5MTが納車されて

書こう、書こうと思ってなかなか書けなかった運転感想文です。

2011年12月18日に契約して、2012年2月18日に納車されました。

納車されましたが、ETC車載機はメーカーの在庫切れのため、後で付けてもらうことにしました。


私の運転歴

運転した感想の前に私の運転歴を軽く紹介します。

免許を取ってから7年くらい経ちました。その間運転していたのはほとんど実家の車だと思います。仕事で出張に行ったときにレンタカーを運転したりはしましたが、運転した時間の大半は実家の車です。

実家の車は昭和59年式のトヨタ クレスタです。今ではほとんどありえない組み合わせの直列6気筒+FR+5MTという仕様です。そして今時タクシーかセンチュリーくらいしか装備してないフェンダーミラーです。


インプレッサの紹介

さて、納車されたインプレッサを紹介します。

昨年の11月?に発表され、12月から発売された新型インプレッサです。

セダンでMTがあるという理由がインプレッサを選んだ大きな理由です。他にも、落ち着いた感じのインテリアだとか、乗り心地がいいとか衝突安全性が高いとか革シートが選べるとかマルチファンクションディスプレイがあるとか後席が広いとか、理由は色々あります。


ここからは、運転感想文。と言ってもまだ100kmくらいしか走ってません。


シフトフィーリング



まず、シフトノブを動かす量が小さいことにまず驚きました。

もちろん、クレスタと比べての話です。本当に手首だけで動かせる感じです。クレスタは3速から2速が遠かったですが、インプレッサではそのように感じることがありません。ギアが入る感じはコクッ、コクッ。 クレスタはスコッって感じです。

1速に入りにくい時があります。 新車だから噛み合わせが渋いのかなと思います。そのうち馴染んでくるんじゃないかな。

バックの時にピーッピーッと音が鳴ります。クレスタにはありませんでした。感触でギアが入ったかどうかは分かりますが、耳でも分かります。

クレスタとは感触が違いすぎて比較はできませんが、インプレッサのコクッと入る感じが好きです。


エンジンフィーリング



スムーズに回ります。3000rpmを超えたくらいからエンジン音が急に大きくなります。それより下は静かです。それより上はまだ回してないので分かりません。

1600rpm未満からの加速がきついです。

先代の1.5Lに比べてトルクがあがって、2L並みの加速という話も聞きますが、それはCVTの制御がそうなっているだけで、1500rpm付近での巡航、加速は、エンジン音が「モーッ」とこもった感じできつそうです。

また、このくらいの回転数では、内装からビビビと音がするので、不快感すら感じます。さらに言えば、シフトアップインジケータの指示にうっかり従ってしまうと、1500rpm付近まで回転数を落としてしまうことがあるのです。確かに燃費的にはいいんだろうけども。

減速のエンジンブレーキ時は1500rpm付近でも特に問題ありません。燃料を吹いてエンジンを回してるか、外から回されてるかの違いかと思います。

シフトダウン時に回転数を合わせようとアクセルを踏んだ時に、回転数が上がり始めるのに間があります。シフトダウンの時はその遅れを考慮してアクセルを踏む必要があります。クレスタの方がエンジンの反応はよかったです。

メーター内のInfo-ECOランプが常時点灯しているのが気になります。これのせいでレスポンスが悪かったり、1500rpm付近が使いにくいのではないかと思っています。

Info-ECOランプについて、取説に解除方法がないかと探してみましたが、ありませんでした。MTはエコモード強制適用なのでしょうか? ディーラーの人に質問してみるしかないかな。

回転数を意識して使えばいいエンジンです。

しかし、クレスタの直列6気筒と比べるとクレスタの勝ちかな。


ステアフィーリング

スムーズの一言。遊びも少なく、扱いやすいです。意のままに曲がる感じです。

駐車する時の低速域でも、扱いやすい重さです。クレスタの様な軽くてふわふわした感じがないので、安心感があります。

ステアリングはインプレッサの方が好きです。


ブレーキ



踏んだ分だけスムーズに効く使いやすい感じです。踏み込みを足した時に制動力が増えていることを実感できます。一体フルブレーキしたら、そうとう効くんだろうなと思います。

クレスタよりも制動力が強そうな感じがします。 ブレーキもインプレッサの方が好きです。


乗り心地



車体の硬さを感じる乗り心地です。 クレスタは車体全体で揺れを吸収している感じでしたが、ちゃんとサスペンションで吸収している感じがしました。今時当たり前かもしれませんが。

乗り心地はインプレッサの方がいいですね。


ヒルホールドアシスト



ブレーキが解除されるタイミングが自分には合わなかったです。これはオフにします。下がりそうな急勾配ではサイドブレーキを使えばいいだけですから。

マルチファンクションディスプレイ

燃費とか航続可能距離、時計などなどを表示できます。たんたんと状況を表示してくれるだけなので、運転が評価されたりはしません。だが、それがいい。

瞬間燃費を表示していると加速時が一番燃料を使っているんだなぁと当たり前のことを実感できます。

アクセル開度もパーセント表示できるので、自分がどれくらい踏み込んでいるのか、客観的に分かります。


シートベルト警告灯



助手席、後席のシートベルト警告灯があります。こういうの好きです。


カーナビ



運転中にちら見するには少し低い位置だと思いますが、自分の視点からだと、視野の端の方に見えているので十分です。

カーナビはパイオニアのカロッツェリア楽ナビlite(AVIC-MRZ09) です。

エンジンをかけてから使えるまでに時間がかかるのは仕方のないことなのかな。まぁ、クラッチとアクセルの操作をうまいことやって、エンストしなければ、問題ないですね。


サイドミラー

サイドミラーがAピラーから離れてドアについています。確かに死角は少ない感じだし、ミラーも大きくて後ろがよく見える。

しかし、フェンダーミラーに慣れている人間にとっては左側のミラーが遠い。首を振らないと見えないくらいに感じる。そのうち慣れるのかな。


総評

全体として買ってよかったと思います。しかし、実家の車と走る関係の感じが大きく違うので、慣れが必要かなと思います。

エンジンのレスポンスがかなり違うので、そこが難しいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

納車に向けて気分を盛り上げていこう

さて、ついに今週末の土曜日に迫った、インプレッサの納車。

納車に向けて、気分を盛り上げていきたい。

#297 素性に加えて、バランスのよさが感じられた新型インプレッサ1.6L+MT。」によると、1.6Lエンジン、マニュアルトランスミッションともに高評価を得ています。私が買ったのも1.6LのMTです。期待が高まります。


新型インプレッサは、CVTよりMTのほうが燃費が良い訳は?」によると、CVTよりもMTの方が燃費がいい。確かに最廉価グレードの1.6iではMTの方が燃費がいい。しかし、私が買った1.6i-LではCVTの方が燃費がいい。なぜなら、CVTにはアイドリングストップが付くからだ。

二つの記事を合わせて読むと、インプレッサのMTは極端に燃費指向にすることなく、燃費がよくなっているように読める。

運転が楽しくて、燃費もいい。なんて、いい車じゃないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

納車日のドライブは

納車にETC車載機が間に合わないらしい。

メーカー在庫がないってどういうこと?

月末頃にならないと入荷しないらしい。

まぁ、ないものは仕方がないので、高速道路はしばらくお預けだ。

高速道路じゃないけど、保土ヶ谷バイパスで合流の加速とかを確かめよう。

他にはどこを走ろうか。

ちょっとした峠も走ってみたい。

近場の峠というと、朝比奈峠か。

速度抑制のデコボコがあったはずだから、カーブや不整地の乗り心地を確認できるかな。

納車まで、一週間ちょっとだ。

安全運転するぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい色じゃないか

来週納車のインプレッサの色はディープチェリーパール。

ちょうど、carviewでインプレッサが特集されていて、同じ色のセダンの写真が写っていた。

http://www.carview.co.jp/magazine/recommend/2012/subaru_impreza/

いい色じゃないか。

落ち着きのある色だ。

ほとんど黒に見えるが、ほのかに赤茶色が混じっている。

この色にしてよかったと思った。

実物は見たことないけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »