« BRZに試乗 | トップページ | プリウスのタクシーに乗った »

「システム開発マネジメントの今と未来」を聞いて

1332658112175.jpg

会社の後輩から紹介を受けて、UNISEC主催の講演会を聞きに行きました。

テーマは「システム開発マネジメントの今と未来」

講演者は慶應義塾大学のシステムデザインマネジメント研究科の白坂成功さんでした。

第一の感想は面白かったの一言に尽きます。

生きるモチベーションにつながりました。

かつて、大学院でプロジェクト演習という単位があり、缶サットとかエコランとかのコンテストに応募することを想定したアイデアとかをチーム毎にまとめる授業でした。

その時、多くの先生は学部で学んだ専門知識を実際の物に応用する経験を学生に期待していた様でした。、

確かに、エンジニアになるための教育を受けた人間が手を動かして実際のものづくりを行うのは重要です。

しかし、"プロジェクト"演習と銘打つからには、プロジェクト管理についての経験の学習機会であることも重要だろうと昔も今も思っていました。

今日の話を聞いて、さらに強く思いました。

技術が分かるだけのエンジニアじゃ足りないんだと。

自分の向かう先が定まりそう。


PMBOKとか応用情報技術者を受けたりした時に名前は聞いていましたが、中身までは見ていませんでした。

もっと勉強しないといけませんね。

|

« BRZに試乗 | トップページ | プリウスのタクシーに乗った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/44628018

この記事へのトラックバック一覧です: 「システム開発マネジメントの今と未来」を聞いて:

« BRZに試乗 | トップページ | プリウスのタクシーに乗った »