« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

富士スピードウェイの体験走行

日曜日、雨模様でしたが、勢いで行ってしまいました。

富士スピードウェイ。

入ったはいいけど、迷子になってぐるぐるさまよったり、レガシィの集団に迷い込んだりしましたが、無事にコントロールセンターにたどり着き、体験走行の受付を済ませました。

体験走行の列にはコペン軍団がいたり、フェラーリが混ざっていたりとバリエーション豊かな車が集まりました。

1366718301228.jpg

いざ、コースに出てみると、一周目は60km/h程度で流す感じ、二週目以降は80km/hくらいでした。小雨が降っていたから、このくらいの速度だったのかと思います。

走行中はほとんど3速でエンジンブレーキで足りるくらいのまったりクルージングでした。

第6コーナーのヘアピンでは、前走車と同じ速さで曲がるとロールが大きく不安になりました。車としては大丈夫なのかもしれませんが、自分にとっては、滑らずに曲がれるかな?どうかな?という感じでした。MFDはVDCの動作状況を表示させていましたが、見ている余裕はなかったです。

STIのフレキシブルタワーバーを付けたら変わるかな〜と思いました。お客様感謝デーで買っちゃうかも。

後半のカーブが多いところに入る前のダンロップコーナーでは、2速に落とすべきでした。回転数が落ちてしまってコーナーから出る時に速度の乗りが悪かったです。

初めてサーキットを走ってみて、自分にはまったり走るのが合うなあと思いました。

また、サーキットにいた他の車と比べるとインプレッサが寸胴で腰高な感じに見えました。

現行インプレッサは先代に比べて、10mm車高が下がっているので、車高が特別高いわけではありません。しかし、トランク周辺の大きさがあるので、車全体を大きく見せているのかもしれません。

それをどうにかしようとしたら、ローダウンですが、それはしない予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロックを割る

テコンドーの演武会に参加し、後ろ横蹴りでブロックを割りました。

一撃で割れましたが、割った瞬間の感覚が前回と違っていた。


前回、ブロックを割った時は「パリン」と砕けるような感触を感じていたが、今回は「バコッ」と折れる感触だった。

自分の中のイメージとしては、砕ける感じをイメージしていたので、思った通りではなかった。

割る前にブロックを触ったが、硬いというよりは、脆い感じを受けた。

だから、パリンじゃなくて、バコッとなったのかなと思う。

しかし、同じブロックを師範が手で割って砕いていた。

手で砕けるものを蹴りで砕けないなんて、まだまだだなぁと思った。もっと瞬発的に蹴れないといかんなぁ。

少年部の黒帯が、軽く蹴っている風に見えたのに割れてすげーって言っていたのが、嬉しかった。

力を抜いて蹴っているのが伝わって、嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »