« タイヤのローテーション | トップページ | ぶらり日産グローバル本社 »

久々に実家のクレスタを運転した

昨日、実家の車(昭和59年式トヨタのクレスタ)を久々に運転してみた。


1367713489513.jpg


自分が大学生だった4年前まではよく運転していて、妻沼まで行ったりしたものでした。

しかし、就職し、自分の愛車を持つようになった今では、めっきり運転する機会がなくなりました。

久々に運転してみると、ハンドルが細い割に径が大きく、シフトレバーが長いので、トラックかと思ってしまいました。

ハンドリング、乗り心地など曖昧模糊とした感触なんだな〜と思いました。しかし、この曖昧さのおかげで、まったりドライブができました。

他にもクラッチのつながる位置、アクセルに対するエンジンの反応、シフトレバーでギアを入れる時の感触など、自分の愛車との違いに四苦八苦してしまい、滑らかに運転するどころではありませんでした。

最後に実家から自宅へ帰宅する時に自分の愛車(インプレッサ)を運転しましたが、主にクラッチのつながる位置が違うため、出だしはすごい違和感を感じました。

クラッチペダルが戻ろうとする力の強さも違うし。

慣れとは恐ろしいものです。

|

« タイヤのローテーション | トップページ | ぶらり日産グローバル本社 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/51497457

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に実家のクレスタを運転した:

« タイヤのローテーション | トップページ | ぶらり日産グローバル本社 »