« あけましておめでとうございます | トップページ | ロードスターとインプレッサ »

沖縄でロードスターに乗る

1月2日〜1月5日まで、沖縄旅行に行ってきた。

そこで、3日と4日はレンタカーでマツダのロードスターを借りた。

大手のレンタカー会社では空車がなかったり、ATしかなかったりして、悩んでいたところ、スピードレンタカーというレンタカー会社がMTのロードスターを取り扱っているのを見つけた。

旅行の日程を詰めている間にロードスターのMTが予約済みになってしまって、結局借りたのはATのロードスターだった。



同乗者は席が低くて、乗車中の視点が低いとかいうのだけれど、自分はほとんど気にならなかった。けれど、乗り降りの時には座席の低さを感じた。



さて、運転して最初に思ったのはハンドルの重さと路面からのフィードバックの多さ。高速道路とか速く走れるところでは、ハンドルの重さは頼もしいが、荒れた路面のからの入力を素直に伝えてくるのは疲れる。

意外に気になったのが、ドアの長さ。左右の余裕が少ない駐車場だと隣の車との間隔に気をつけないとドアパンしてしまいそうになる。

普段はMTに乗っているのでATは慣れてない。発進停止を滑らかにするのが難しかった。クリープで転がしてからアクセルを踏んで滑らかに加速したり、ブレーキで停止する直前にブレーキを弱めてカックンしないようにしたりとか。また、交差点での発進や交差点を曲がる時などの低速から加速する時に、急に加速が強くなったりして、ちょっも怖かった。予想外のタイミングで変速が起きていたのだろうか。

ブレーキは踏み込めばガツンと効くし、優しく効かせることもできて、コントロールしやすかった。

オープン走行は、真上に何もないことによる開放感がある。風の巻き込みは頭の上の方に風が当たるくらい、風の騒音は80km/hくらいでも会話が出来る程度の音で特に問題はなかった。

交差点や車庫入れなど低い速度でのハンドルさばきは慣れれば問題ないが、ハンドルは重い。

これがスポーツカーか。

乗り心地はフワフワせず、路面の傾きや舗装の違いをしっかり伝えてくる。しかし、体が座席にしっかりはまって、腰が支えられているので、車と体が一緒に動いていて乗り心地としてはいい感じ。



乗ったロードスターはNC型のソフトトップ。
フェンダーにすり傷があったりしたけど、おおむねきれいな感じだった。走行距離は3万km台で中古車として購入して利用しているとのこと。

スピードレンタカーさんは、ネットで予約できて、モノレールの駅などまで送迎に来てくれます。

大手のレンタカー会社と比べて、書類の手続きとか、車両の状態確認とかに時間をかけないので、気になる人は自分から質問して確認した方がいいです。

いやー、ロードスターって、いい車ですね!

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ロードスターとインプレッサ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/54514563

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄でロードスターに乗る:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ロードスターとインプレッサ »