« 乗り比べ(インプレッサとエスティマ) | トップページ | 交通安全 »

テコンドー談義

テコンドー談義した。

蹴る時にどんなイメージで体を動かしているのかとか。

自分は黒帯なので、たまに色帯の型を見たりするけど、そういった指導の場で、どういう意識で体を動かすかを伝えるのは難しいと感じる。

実演して見せたところで、道着の上からでは筋肉の動きが見えるわけではないし、相手の観察力で伝わるかどうかが決まる。言葉で言っても、こちらの表現力の限界で、動きのタイミングとか足から手先までの動きの連携を表現しきれていないだろうし。

とりあえず、自分が何を考えて蹴る時の体の動きを作っているのかを書き残しておこうと思う。

自分はかかとや中足など当てる部位の軌跡を意識して蹴っている。横蹴り系の蹴りなら構えた状態から蹴り足を上げて、かかとをお尻にくっつけるくらいを意識し、その後、股関節から目標までの直線上をかかとが動くイメージで蹴っている。

なぜ、この動きになったかと言うと、目標に対してまっすぐ力を伝えるためのかかとの軌道を考えた結果であるし、脚をたたんで伸ばす動きが大きくなることで力が出やすくなるのではないかという考えもある。

他の人はどんな意識で体を動かしているのだろうか。

|

« 乗り比べ(インプレッサとエスティマ) | トップページ | 交通安全 »

テコンドー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/535686/57878251

この記事へのトラックバック一覧です: テコンドー談義:

« 乗り比べ(インプレッサとエスティマ) | トップページ | 交通安全 »