« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

新しい冷蔵庫にして早1ヶ月

先月購入した冷蔵庫(日立のR-XG4300G)について、忘れないうちに感想を書いておこうと思う。なお、この冷蔵庫は6ドアタイプの冷蔵庫である。

今まで使っていた冷蔵庫は、私が一人暮らしするときに中古で買ったナショナルの140Lくらいの2ドア冷蔵庫で、二人暮らしになってからは冷蔵庫が満杯で隙間なしの状態になることがたまにあった。

これから家族が増えることを考えると小さいということで、買い替えた。

さて、いざ1月以上使ってみて思うことを書いておこうと思う。

1.広い
なんといっても容量が大きくなったことによるメリットが大きい。今までは週末に買いだめしようにも、冷蔵庫がいっぱいになり収まらないかもと考えながら買う必要があったが、今はそんな心配もなく必要なものを必要なだけ買うことができる。

特に冷凍室が広くなり、弁当に使う冷凍食品を色々と買いだめできるのがよい。

2.野菜室
今まで使っていた2ドア冷蔵庫には当然野菜室はなくて、冷蔵庫に収まらなかった野菜を腐らせてしまうことがあった。

しかし、今は野菜室があり、長ネギを半分に切るような工夫をしなくても冷蔵庫に収まるので非常に便利。
野菜室は湿度を保ったり、野菜が長持ちする機能があるので、葉物野菜も早く使わなきゃというプレッシャーがなくて気が楽になる。


3.デリシャス冷凍
冷凍室の最上段はアルミ板が敷いてあり、小分けにした肉やご飯を早く冷凍できるようになっている。

以前の冷蔵庫でも、多めに買った肉を小分けにして冷凍したりしていたが、平らな状態で素早く凍らせる場所がなかった。いざ使おうとしたときに解凍に時間がかかったり、そのまま使うにしても中まで火が通るのに時間がかかったりしていた。

それが、肉をラップで平らに包んで一度に凍らせられるようになったので、使いやすい形で肉を凍らせるようになった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ