パソコン・インターネット

新しいプリンタ

これから年賀状を作ろうかという季節に、実家のWindowsパソコンが起動しなくなり、年賀状をMacBook Airで作ることにした。

そしたら、実家にあるプリンタが古すぎてMac(10.8)では使えないときた。

いっそのこと買い換えてしまえ!ということで、買ったのが、ブラザーのDCP-J552N。

なぜこの機種かというと、家電量販店で店員に捕まり、しつこくアピールされたから、だけではない。

無線LANでパソコンからデータを送れるとか、前面給排紙、各色独立インク、印刷が速いとか色々いいところがあったからだ!


設置してみたところ、収まりもいい。

そして年賀状の印刷はさすがに今時のプリンタなだけあって速い。それに、前のプリンタより静かな気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選択と集中

家でパソコンを使う時間が減っている。

現在は、27インチのiMacと11インチのMacBook Airを使っている

それを新しくMacBook Proを買って、1台に集約してもいいかなと思う。

今使ってるMacたちは中古屋に売って、MacBook Pro購入の足しにするのもいいだろう。

MacBook Proなら2kgくらいだから、勉強会とかで持ち出すのに、それほど苦労しないと思う。

iMacは27インチの画面サイズが魅力で買ったけれども、それが活きるのは、DVDを見たり、ゲームする時くらい。しかし、最近はそういう使い方をしなくなってきている。

MacBook Airの携帯性も最近は勉強会に行っていないので活躍していない。

それなら、間をとってMacBook Proでいいんじゃないかと思うのだ。

新しいMacBook Proを買うならRetinaなやつですよね〜

お値段184,800円か〜買えてしまうな〜

現在の2台体制から1台体制に移行するから、家の中もスッキリするし、いいことずくめじゃないか!

ついでに、テレビも捨てちゃって、スッキリしてしまおうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

WindowsにRedmine

動機
職場にRedmineを知っていそうな雰囲気を感じ取れなくて悲しさが限界を超えたから。

以下情報を参考にRedmineをインストールしました。



  1. Redmineのインストール | Redmine.JP


  2. WindowsにRedmineをインストールする


  3. WindowsサーバーにRedmineをインストールする (webrick利用)

何カ所か詰まったところがあったので備忘録もかねてメモします。

One-Click Ruby Installer for WindowsのRubyを使って構築したかったのに、環境変数PATHにCygwinのRubyの方が先に登場していたので、問題が起きた。

それは、One-Click Ruby Installer for Windowsの方が先に実行されるように設定して解決。

「rake db:migrate RAILS_ENV=production」では、何回もエラーが出た。

DevKitのインストールがうまくできていなかったり、sqlite3コマンドでDBを作っていなかったり、rackのバジージョンが違ったり。

最終的には、サービスとしてWindowsに登録したのだけど、コマンドプロンプトを管理者として実行しないとサービスの登録に失敗した。

くそぅ、思い出しながら書いているとこれが限界だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lion

新し物好きなので、Lionをインストールしてみた。

今のところ、いい感じ。

新しくなったMailもiCalもいい。

MissionControlもいい。

三本指スワイプで、フルスクリーンアプリケーションを切り替えられるのもいい。

まぁ、Macを使っていると言っても、ほとんどSafariとiTunesしか使ってないから、使い倒してはいないんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の話

パソコンが動かないと言うので、実家に帰ってみれば、モニタの電源が入っていなかっただけだった。


えー


もう、こういうことはなくなって欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

使えない。いや、使える。

木曜日。

朝、家の最寄駅では使えていたiPhone。

10分後くらいに電車の中で使おうと思ったら、画面に何も表示されない。

一晩充電しているから電池切れは無さそう。

スリープボタン長押しで電源オン/オフを試すも反応なし。

面倒なことになったと思いつつ、そのまま放置した。


その日の仕事が終わってから、銀座のApp Storeに行って見てもらった。

ホームボタンとスリープボタンの長押しで起動した。

実に爽やかに解決してくれた。

ホームボタンとスリープボタンの長押しは強制再起動なんだそうだ。

知らんかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS 4.2

iOS4.2がリリースされたそうです。

しかし、うちのiTunesは10.1なのに、iOS4.2はなくて、4.1が最新だよと言いやがります。

明日の朝かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状

昨日の話ですが、実家に帰って年賀状を印刷していました。

印刷したのは親の分だけなので、自分が送るかもしれない分はまだ印刷してません。

まぁ、なんともシンプルなデザインですよ。

ちなみに、OpenOfficeのDrawで作りました。


で、その印刷をしている時に、ふと実家のプリンターがWindows98の頃から使ってるご老体だなぁと思って最近のプリンタを調べました。

HPのENVYというのが、複合機の割りに本体の高さが低くて良さげでした。

直販で3万円くらいなので、どちらかというと高級機ですね。

10年くらい前のプリンタに比べれば何を買っても画質は十分上がるでしょうから、見た目と使いやすさで選ぶしかないでしょう。

自分の家に置いても印刷なんて、全然しないので、もったいないです。

実家にプレゼントしようかな?なんて思ってみたけど、面倒だな〜。

それに、今使ってるプリンタの丈夫なことといったら、ありゃしない。

インクカートリッジにヘッドが付いていて、インクの詰まりと縁遠いのは分かっていたけど、メカニカルな部分の耐久性もすごいなぁ。

壊れてない機械を捨てるのは気が引けるので、プレゼント話はなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BootCamp3.2

iMacではBootCampでWindowsを動かしています。

画面の色数を32bitにしても、実際に表示されるグラデーションがなめらかではなかったのが、少し気になっていました。

今日から配信されているBootCamp3.2をインストールすると、グラデーションがだいぶ滑らかになっています。

Windowsのログイン画面の背景で違いがよく分かります。

仕事してるなぁ。AppleがAMDの人たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックポイントの良さ

まだ、北海道にいます。

一応屋内ですが、すきま風と戦うような状況でプログラムをいじったりしています。

寒いので手袋をしたいところですが、手袋をするとタッチパッドが動きません。

なぜなら、静電容量式だから素手じゃないと使えないからです。

寒いのにタッチパッドを使う必要が出るたびに、手袋を外したりしています。

だから、なるべくキーボードで操作するように、普段以上に気を使ったりしています。

しかし、キーボードでの操作には限度があります。

そうなるとタッチパッドを使わざるをえなくなって、手袋をいちいちつけたり外したりする必要が出ます。

そんなつけ外しが面倒になって、結局素手でいる時間が長くなっているのが実際です。

そうやって素手でいる時間が長いと、キーボードを叩く指の動きが鈍くなってと悲しくなります。

タッチパッドじゃなくて、TrackPointだったら手袋なんか気にしないで、ポインタを動かせるのにと思うともっと悲しくなります。

さらに、ThinkPadのキーボードだったら、手袋しててもきっと打ちやすいんだろうなと思ったりもします。

道具の選び方を間違えてる気がする。


あと1週間くらいはこんな毎日なんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧