文化・芸術

六本木の東京ミッドタウンへ骨展を見に行きました。

いいんだけど、目新しさにかける感じでした。

踏み込みが浅い感じがしたのでもっと細かく「なんのためにこういう形になっているのか」というところをクローズアップした方がいい気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒソムノイズ

四谷ミニスペースというところで首都大のインダストリアルアートコースの企画展わやっているというので行ってみた。

四谷駅から歩いて行ったのだけど会場がどこか分からん。

建物の住所表示と案内のハガキの住所を照らし合わせながらなんとか見つけた。

名前の通りミニスペースだった。


展示されていたのは正四面体型の歯みがき粉の容器、壁掛けのゴミ箱、映像作品、現代アート的な作品だった。

作品はコンセプト重視で実現性はあまり考慮されてない感じがした。

インダストリアルアートが一体何なのかを知りたくて行ったのだけど、分かったとは言い難い。

とりあえず、工業デザインもするし、一般的に言うアートもする学科なんだなと理解した。


見に来てる人は学内の人など関係者が多いらしい。それじゃだめじゃん。何のために学校から遠いところでやってるんだと問いたい。

というわけで、少しでも宣伝になればと思い書いたわけです。


会場の入口の写真くらい撮っておけばよかった(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)