テコンドー

狙ったところを蹴る

今日は毎年恒例のテコンドー教室と演武に行ってきました。

演武はカイバルチャギをやったのですが、右足の横蹴り側だけ割れて左足は割れませんでした。

カイバルチャギは普段練習している方の中に出てきますが、ただ飛んで蹴っているだけでは板を割れるほどの蹴りの精度までは養えないなと思いました。

これからは型の中の蹴り技についても、どこをどういう風に蹴っているのかイメージして、鏡でフォームを見てイメージと実際が合うようにしたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テコンドー談義

テコンドー談義した。

蹴る時にどんなイメージで体を動かしているのかとか。

自分は黒帯なので、たまに色帯の型を見たりするけど、そういった指導の場で、どういう意識で体を動かすかを伝えるのは難しいと感じる。

実演して見せたところで、道着の上からでは筋肉の動きが見えるわけではないし、相手の観察力で伝わるかどうかが決まる。言葉で言っても、こちらの表現力の限界で、動きのタイミングとか足から手先までの動きの連携を表現しきれていないだろうし。

とりあえず、自分が何を考えて蹴る時の体の動きを作っているのかを書き残しておこうと思う。

自分はかかとや中足など当てる部位の軌跡を意識して蹴っている。横蹴り系の蹴りなら構えた状態から蹴り足を上げて、かかとをお尻にくっつけるくらいを意識し、その後、股関節から目標までの直線上をかかとが動くイメージで蹴っている。

なぜ、この動きになったかと言うと、目標に対してまっすぐ力を伝えるためのかかとの軌道を考えた結果であるし、脚をたたんで伸ばす動きが大きくなることで力が出やすくなるのではないかという考えもある。

他の人はどんな意識で体を動かしているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロックを割る

テコンドーの演武会に参加し、後ろ横蹴りでブロックを割りました。

一撃で割れましたが、割った瞬間の感覚が前回と違っていた。


前回、ブロックを割った時は「パリン」と砕けるような感触を感じていたが、今回は「バコッ」と折れる感触だった。

自分の中のイメージとしては、砕ける感じをイメージしていたので、思った通りではなかった。

割る前にブロックを触ったが、硬いというよりは、脆い感じを受けた。

だから、パリンじゃなくて、バコッとなったのかなと思う。

しかし、同じブロックを師範が手で割って砕いていた。

手で砕けるものを蹴りで砕けないなんて、まだまだだなぁと思った。もっと瞬発的に蹴れないといかんなぁ。

少年部の黒帯が、軽く蹴っている風に見えたのに割れてすげーって言っていたのが、嬉しかった。

力を抜いて蹴っているのが伝わって、嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テコンドーの全日本大会に出場します

テコンドー生活11年目にして、初めて全日本大会に出場することになりました。

今年は試合での動きが例年になく良いので、その動きが当日もできればよいなと思います。

また、両親が地方へ移住する前に、全日本大会に選手として参加している自分の姿を見せることができるので、良かったです。

日時
  11月23日(金曜日) 17:15〜

場所
  後楽園ホール

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝で会おう。その2

テコンドーの東京都大会に参加しました。

大会前の練習で、決勝で会いましょうと約束した人と、決勝で対戦した。

約束を果たしたのはいいのだが、決勝まで体力を維持できなかった。

準決勝で延長戦になり、その後どっと疲れを感じてしまった。

試合だと集中力や雰囲気の違いから、消耗が激しいのかな。

ふだんの練習なら、2分間の組手をもっとたくさんやっても動けているのになぁ。

しかし、試合でも動けるようになったのは、大きな進歩だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝で会おう

5月27日の日曜日はテコンドーの愛知県大会だった。

結果は準優勝で、4,5年ぶりに組手で入賞した。黒帯をとってからは初めての入賞だった。

かつてないほどに自然に体が動いていた。

相手の動きもよく見えていたし、自分の蹴りもいい感じに蹴れていた。


試合前にトーナメントの反対の山にいる選手と、決勝で会おうと約束をした。

果たして、決勝で相対することになった。

結果は負けてしまい、準優勝に終わった。

優勝のニ文字の壁は厚く高いと感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再び

テコンドーの締め稽古があった。

最後に300本蹴り。

前蹴り、回し蹴り、横蹴りを100本ずつ蹴った。

前蹴り以外はまともに蹴れてなかった。これで二段とか。

自分は最初の前蹴りの号令を担当した。

号令は10回おきに10、20、30と回数を言うのだけど、30回か40回で今が何十回目か分からなくなった。

日曜日の千本チルギも号令に失敗していたし、すっかり数が数えられない人になった。

会社から稽古に向かう電車の中で、今日もうまく数えられないんじゃないかと思っていたら、全くその通りにだった。


きっとしばらくはスランプで数えられない日々が続くだろうと思います。


あと、来年は全日本に出ることを目標にしっかり据えて試合に出ると宣言しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後ではないけど

全体的なテコンドーの行事としては、今年最後の関東大会、千本チルギ、忘年会に参加してきました。

大会は、2回試合をしましたが、どちらも判定負けでした。

なんで試合に参加しているのかをもっと意識しないと積極性を引き出せないのかなと思いました。

蹴りを受けずにかわさないとダメだよとアドバイスを受けました。精進します。


千本チルギは初めて前列で号令、と言っても201〜250までですが、をやりました。

突きのタイミングと号令のタイミングが重なってしまい、多くの方に困惑を与えてしまいました。


その後は、全体の忘年会、某大学の忘年会に参加しました。

お酒は1滴も飲んでいなかったけど、ほろ酔い気分でした。

そんなことあるわけないだろ、と思われそうですが、本当です。

蒸発したアルコールを吸うくらいが自分にはちょうど良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大会

12月は関東大会がある。

学生グライダーの関東大会とテコンドーの関東大会。

学生グライダーの方は開催中である。今年は私の母校から選手が出ていないようで寂しい。寒い中頑張っている選手や大会役員、教官の皆様には健康と安全に気をつけて大会を行っていただきたい。


テコンドーの方は25日の日曜日に行われる。私は1部の組手に参加する。先週の金曜日はやる気が下限を振り切っているような状態だった。

はたして今週はどうだろうか。

両親が近くにいるうちに後楽園ホールに立ちたいとか、会社の同期などに自分がテコンドーしてる姿を見せたいとか、色々やる気を出す素は揃っている。

後は、本人がそれを叶えたいかどうかなんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目指すところが違う

マクドナルドのKBQバーガーのテレビCMでWTFの人が蹴ったり手刀を打ったりしていた。

うーん、やっぱり目指してるところが違うな〜と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧